トップページe-college > 社会保険労務士講座

社会保険労務士講座

平成29年合格のためのポイント

長年の受験指導実績から、合格のためのポイントを3つ提言します。
基礎知識重視 「難しい!」と思われる問題も、論点としては基礎知識が問われているケースが非常に多いもので、問題の7割は基礎知識がしっかりしていれば正解することが可能です。7割正解すれば合格できます。講義は基礎知識がベースです。
過去問重視 すべての合格者が、「合格の秘訣」として指摘しています。問題(答練)を早期にスタートし、慣れることが大切です。さらに、文章理解の早さ、出題意図の把握、柔軟な判断力などのテクニック、センスも合格のためには必要です。繰り返し出題される過去問の論点を重点的に講義します。
各科目バランス重視 講師陣は、各科目バランスよく、過不足なく講義を行います。総得点はボーダーラインを超えているのに、特定の科目が“足きり”にひっかかってしまう受験生。悲劇を繰り返さないために、バランスよく学習し苦手科目を作らない、ことが重要。「得意科目より、まず苦手科目の克服」です!

万全なサポートで応援します!

「年金記録問題」、「派遣切り」、「後期高齢者医療」、「急増する個別労使紛争」、どれも国民の大きな関心事で、すべて社会保険労務士の専門分野です。本講座では、合格のために、過去48回の本試験問題をベースに、あえて重要事項だけ、「ポイントを絞った講義」をします。また、職場での様々な実務的問題にも、常駐の社労士が的確なアドバイスを行なっています。

講座概要

受講形態 オンライン映像配信
収録時間 110時間
教材/サポート 要点整理PDF資料/Eメール
学習期間 12ヶ月(在籍期間12ヶ月)
標準学習期間は5ヶ月〜12ヶ月。
開講時期 随時
受講料(税込) WEB限定・52,000円

講師プロフィール

小林 孝雄
小林講師 一般財団法人日本経営教育センター専任講師 社会保険労務士。
明治大学商学部卒業後、大手電機メーカーにおいて経理部門、人事・総務・労務全般の業務に携わる。
平成5年に社会保険労務士試験に合格後、平成10年より受験指導業務に携わる。指導した受講生は6,000人に及ぶ。

労務管理の視点から企業経営に関するコンサルティングを行う実務派講師です。その親身な姿勢と人柄に、多くのクライアントがファンとなっています。「社会保険労務士受験実務六法」(東京法令)を始め、受験指導・執筆にも精力的に取組んでいます。ソフトで安定感のある講義が人気の理由です。

カリキュラム

科目 学習内容
初級編 ・労働基準法
・労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・徴収法
・健康保険法
・国民年金法
・厚生年金保険法
・労務管理・労働一般常識
・社会保険一般常識
労働基準法 ・総則
・労働契約
・賃金
・労働時間・休憩・休日
・年次有給休暇
・労使協定
・年少者・女性
・技能者の養成
・災害補償
・就業規則
労働安全衛生法 ・総論
・安全衛生管理体制
・危険・健康障害防止措置
・機械等・有害物の規制
・就業に当たっての措置
・健康保持増進措置
・快適職場環境形成他
労働者災害補償保険法 ・総則
・通則
・保険給付
・社会復帰促進等事業
・費用の負担
・特別加入
・その他
雇用保険法 ・総則
・適用事業等
・保険給付
・雇用安定事業等
・費用の負担・不服申立
・その他
徴収法 ・総則
・保険関係の成立と消滅
・労働保険料
・労働保険事務組合
・費用の負担・不服申立
・その他
健康保険法 ・総則
・保険者
・被保険者
・標準報酬月額等
・保険給付総論
・保険給付各論
・費用の負担
・日雇特例被保険者
・不服申し立て・その他
国民年金法 ・総則
・被保険者
・給付
・積立金の運用・費用
・不服申立・時効
・国民年金基金
厚生年金保険法 ・総則
・被保険者
・保険給付
・積立金の運用
・費用の負担・不服申立
労務管理・労働一般常識 ・総論
・労使関係法令
・雇用安定関係法令
・労働者保護関係法令
・その他
・労働経済
・労務管理
・まとめ
社会保険一般常識 ・総論
・社会保険諸法令
・その他

使用教材

e-ラーニングによる講義配信です。
すべてのコンテンツはインターネットにて提供する形となります。

視聴環境

■OS
WindowsXP/Vista/7/8 (全て日本語版)。
Macintoshは対応いたしておりません。
■ブラウザ
InternetExplorer5.0 以降。
Google Chrome、Firefox、Operaは対応いたしておりません。InternetExplorer以外のブラウザでは正常な動作が保証できない場合がございます。
■モニター
解像度 800 x 600 以上を推奨
■ソフト
WindowsMediaPlayer・AdobeReader・FlashPlayerが必要になります。
WindowsMediaPlayerAdbeReader flashPaper
お持ちでない場合は、上記アイコンリンクからのダウンロードをお願いいたします。
各ソフトは無料で利用できます。講座により必要なソフトが異なります。

その他

インターネットに接続可能なパソコンや周辺機器およびブラウザなどは、事前にご用意いただく必要がございます。
また、プロバイダとの契約料や通信費等もお客様のご負担となります。

0