トップページe-college社会保険労務士講座 > 社会保険労務士の仕事とは?

社会保険労務士の仕事とは?

人事・労務の専門家です

社会保険労務士は、経営者がトップマネジメントの職務に専念できるよう、人事・労務コンサルタントとして企業経営上きわめて重要な役割を担う専門家です。特に、中小企業での人事・労務コンサルタントの役割は、経営者のブレーンとして期待されており、その信頼性が高まっています。
社会保険労務士の業務(しごと)は
1.書類作成と手続の代行をします
労働および社会保険諸法令に基づいて行政官庁(労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所など)に提出する申請書・届出書などの書類を事業主に代わって作成したり、提出のための手続を代行します。また、これらに関係する帳簿書類等を作成します。
2.申請書等の事務代理もできます
申請書等に関する行政官庁の調査・処分に対し、事業主に代わり申立て等を行う事務代理ができます。
3.労働・社会保険に関する相談・指導をします
いわゆる「人事・労務コンサルタント」の業務で、採用から退職までの雇用管理、賃金制度や労働時間・退職金・年金など労務管理についての相談・指導です。

社会保険労務士資格を取ると・活かし方

1.企業内スペシャリストとして!
企業に勤務して、労働・社会保険関係の事務や総務・人事労務部門のエキスパー トとして活躍する社会保険労務士は「勤務社会保険労務士」であり “国家資格有資格者”として優遇されます。
2.就職・再就職の武器として!
【これから社会人になる方は】
企業が学卒者を採用する場合、「社会保険労務士の資格を取った優秀な学生であれば、是非欲しい!」 と人事担当者は考えるに違いありません。
【定年後の対策としてお考えの方は】
第二の人生でに定年退職後の再就職として、「社会保険労務士ライセンス」は強力な武器となります。
【家庭から職場へのUターンをお考えの女性の方は】
職場復帰をお考えのあなたにも、「社会保険労務士ライセンス」がモノをいうでしょう。
3.将来の独立・開業の手段として!
事務所を開設し、企業(中小企業が中心です)の依頼を受けて300種類以上もある書類の作成や届出などの業務を行い、一定の報酬を得ることができます。
4.セカンド・ライセンスとして!
現在、行政書士などで開業している方が「社会保険労務士」の資格を取得すれば、 業務の範囲を飛躍的に拡大することができるので、収入の増加が期待できます。

使用教材

e-ラーニングによる講義配信です。
すべてのコンテンツはインターネットにて提供する形となります。

推奨視聴環境(ブラウザ)

パソコン
■Windows7以降
Internet Explorer11以降、Edge、Google Chrome、Firefox
※Windows7のInternet Explorerでは、FlashPlayerで再生します。 ※Google Chrome、Firefoxは最新版です。

■Mac OS 10.x以降
Safari、Google Chrome、Firefox
※いずれも最新版です。

スマートフォン・タブレット
■iOS 9以降(iPhone / iPad)
Safari、Google Chrome、Firefox
※いずれも最新版です。

■Android OS 4.4.2以降
Google Chrome、Firefox、標準ブラウザ
※いずれも最新版です。倍速再生には対応していません。

その他

インターネットに接続可能なパソコンや周辺機器およびブラウザなどは、事前にご用意いただく必要がございます。
また、プロバイダとの契約料や通信費等もお客様のご負担となります。

0